シルバー&革アクセサリー AJINA 職人ブログ

全商品完全オリジナル・ハンドメイドのシルバー&革アクセサリーを制作・販売中。制作の様子をまとめてますので、ぜひご覧ください。

カテゴリ:シルバー > ペンダントヘッド

「記念に頂いた銀の器を使って
家族にペンダントトップを作りたい」
とのオーダーを頂きました。

お客様から大切な銀の器を預かり
6個分それぞれのグラムに切り分けて
制作しました。

DSC_0102

切り分けた銀をバーナーで溶かすと、
例えるならホットケーキのような形になります。
それを叩いて形を作り、整えて、切り抜いて…
いくつもの工程を経て、かたちになります。


裏には文字を。
ご家族一人ひとりの誕生日。

DSC_0105

約10グラムあるのでとってもボリューミー

DSC_0104

手作りのため、一つ一つかたちが異なるところもいいところだと思っています。

DSC_0103

意味のある銀を使って作らせていただいた一品になりました。

オーダー頂きまして、本当にありがとうございました。
ご家族皆様で大切に使っていただけたら幸いです。



「着なくなった着物をリメイクして洋服にする」
「昔着ていた思い出の服を子ども服にアレンジする」
など、服のリメイク・オーダーメイドが流行っているようですが
このように、シルバーなどの素材でも
リメイク・オーダーメイドは可能です。

ぜひ当店にお任せ下さい!


ご注文、ご相談は、
フェイスブックもしくはTEL:090-5497-6994
まで、お気軽にご連絡下さい!





前に作りおきしていたトップをペアになるよう小さい方を作り
仕上げました。


スプーンタイプ

DSCF4136


逆側から


DSCF4137




クロス

DSCF4139


逆側から

DSCF4140



これがちょっと癖つけたペアトップ

WOOD

DSCF4141



大きい方にはクモが乗ってます。

DSCF4143



小さい方には、k18の石枠にダイヤモンドを

DSCF4142


梅雨になっちゃねぇ、、、、、


こんな感じに出来上がり


DSCF4113




ミールと言われる石の淵に刻みを入れるとまた雰囲気が変わるのね


DSCF4109





重みもしっかりあるし


DSCF4108




良い出来上がりだと思います。


それはお客さんが決めることですね、、、、


DSCF4111


風邪が治りかけたんだけど、なんだか2周目に入っております。
下の子が治ったと思ったら、また微熱。
自分も、また、、、、、、

あーやだだぁ

これが前回からの続きで、枠と底を組んだ状態。

DSCF4104




どうしても、集中してしまうと、途中経過の写真を撮り忘れてしまい、、、




もうこんなに出来ちゃった。

だれにも頼んでません。
ちゃんと自分で作ってますよ。

DSCF4105


この辺の工具を使い、銀で作った石の淵を伏せ込んでいきます。

DSCF4107

さっきの地震、大きくなるような感じがしてやだっぁなぁ。

天気も変だし、、、、、








オーダーを貰ったので早速制作に入ります。


この模様の入り方、ステキですっ。
特に産地があるわけではないけど、グラデーションもかかっていて
良い石だと思う。


DSCF4095


丸銀の丸線をローラーで延ばして
石の形に曲げていきます。


DSCF4096


金属疲労がおきて硬くなったら
なまして、、、、
の、繰り返しで合わせます。


DSCF4099



つなぎ目をロー付けしてさらに合わせていきます。

DSCF4100



これを基準に裏張りの銀の板を切り抜きます。

DSCF4102


組んでからだと模様入れたりが手間な為、
大体の形に切り抜き、先に模様を入れます。


DSCF4103


アースガーデン夏

に出店することになりました。

ただ、ブースが結構でかいっ。

展示方法を試行錯誤しよう。
フルに使わないとね。


とりあえず出店用に4点


こうやってフクリンと呼ばれる石の枠を作り、、、、


DSCF2211

なんか気持ち的にしっかり作りたかったので、カンを一体化で制作

それに、実はヘビが巻き付いていて、金のつぼみが付いているといった
豪華な使用になっちゃった。


DSCF2210



フクリンに厚みを付けた為、なかなか伏せ込めない、、、
こうやって石の枠に石をはめていき、、


DSCF2218


こうやって、、、一個ずつ

DSCF2220


石の表情がとてもいいっ

DSCF2221


石留めが終わったら磨いて完成

DSCF2223


変な虫がくっ付いている訳ではない、、、


DSCF2224


一個は自分用に。


DSCF2222

26個切り抜きから、アレンジ、加工、そして磨き、、、
終わったぁ。

ここから

DSCF2143


こうなって、、、

DSCF2175


こうなって、、、、

DSCF2256


こうなって、、、

DSCF2261


表面を叩いてでこぼこさせてアレンジしたら

丸カン付けて、、、

DSCF2284


丸カン付けて、、②。


DSCF2282


ひたすら磨きに磨く、、

DSCF2290


大きさはこんな感じ。

これM(エム)。

DSCF2287


これX(エックス)。

DSCF2288




やっとすべてのアルファベットを切り抜き終わりました。

途中、、、

大きさは7ミリくらいかな。

DSCF2256


切り抜きおわった後。。。

DSCF2261


糸鋸の刃を何本だめにしたことか、、、、

切り抜き終わった感想は、XやQやLってイニシャルで使われるのかって、、、

まぁいいや。。

ここから、叩いて形を崩していきます。。。


このページのトップヘ